メトホルミンで若返る

メトホルミンで若返る というウワサの根拠を調べてみました。オリラジ中田がユーチューブ大学で「老化を治す薬」として紹介!通販で安く買えます。

 

28錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]メトホルミン(Metformin)500mg

 

100錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

 

 

 

メトホルミンとは

メトホルミンは、2型糖尿病治療薬メルビンのジェネリック医薬品です。肝臓での糖の生成を抑えて筋肉での糖利用を促すことにより、血糖値を下げる効果があります。

 

定番のお薬

費用対効果もよいため欧米では第一選択薬として推奨されていて、1959年の誕生以来、世界各国で使用されている定番のお薬です。

 

免疫細胞を回復させる

少し前に発表されたある研究の結果によると、このメトホルミンは免疫機能と密接に関係する細胞を回復させる働きがあるらしいのです。

 

免疫は私たちの体を守ってくれる防衛機能です。外部からの細菌やウイルスなどを免疫細胞が攻撃してやっつけてくれることで、私たちの健康は守られています。

 

細胞を回復させる作用

その細胞を回復させる作用がメトホルミンにあるかもしれない、ということ。つまりメトホルミンを摂取することによってこの機能がさらに活発化する可能性があるらしいのです。

 

老化を治す薬?

また、このメトホルミンにはアンチエイジングの効果もあるのではないかと現在研究が進められています。オリラジ中田がユーチューブ大学で「老化を治す薬」としてメトホルミンを紹介しています。

 

とはいえ、あくまで糖尿病治療薬です。体調とよく相談しながら利用したいですね。

 

副作用は?

服用後、まれに低血糖の症状を起こすことがあるそうで、その際はブドウ糖の摂取が推奨されています。甘い缶コーヒー等での代替えも有用とのことです。

 

メトホルミンを通販で買う

メトホルミンは糖尿病のお薬なので、若返りたい人が病院で処方してもらうことは不可能ですね。通販なら処方箋も不要なので簡単に安く買うことができます。

 

28錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]メトホルミン(Metformin)500mg

 

100錠入りはこちら
↓↓↓
[メトグルコジェネリック]ゾメット(Zomet)500mg

 

糖尿病の症状

糖尿病にはこれといった自覚症状がないので、健康診断の時に血糖値が高いと指摘されて気づくケースが多い病気です。

 

高血糖を指摘されてもそのままにしていて、合併症が起きてから治療を開始する人が多いのも特徴です。

 

糖尿病の症状にはどのようなものがあるのかを知り、健康診断に頼らずに自分で気づくことができれば病気の進行を防ぐことができます。

 

糖尿病の主な症状

  • 水をよく飲む
  • 尿の量が多い
  • 喉がよく渇く
  • 疲れやすい
  • 食べているのに体重が減る

 

上記の症状に心当たりがあれば、病院で診察を受けてみましょう。

 

かくれ糖尿病

血糖値には空腹時血糖値と食後血糖値があります。健康診断では空腹時血糖値の測定が行われます。

 

空腹時の血糖値は高くなくても、食後の血糖値が高い糖尿病は、かくれ糖尿病と呼ばれています。

 

食後血糖値が高い場合でも合併症になる可能性があるので、糖尿病の診断には食後血糖値も測定します。

 

 

食後血糖値

食後血糖値とは、食べ始めから1時間半〜2時間に測る血糖値のことです。

 

検査測定ではブドウ糖負荷試験が行われ、ブドウ糖負荷2時間後の血糖値が糖尿病であるかどうかの判断基準になります。

 

健康診断では食後血糖値を測定しないので、糖尿病の危険があると思う人は内科を受診して血糖値を測定してもらったほうが安心でしょう。

 

 

生活習慣を改善する

糖尿病の症状がないとしても、規則正しく栄養バランスのとれた食事や適度な運動をすることは健康を維持するためにとても大切ですし、糖尿病の予防にもなります。

 

糖尿病と診断された場合は、摂取カロリーを厳守した食事や運動を習慣として、血糖値を上げない生活を心がけましょう。

子どもの糖尿病

糖尿病は2種類あります。すい臓でインスリンが作れない1型糖尿病と、生活習慣が原因の2型糖尿病です。日本人の糖尿病患者は、5%が1型、95%が2型です。

 

1型の原因はウイルスとも遺伝子とも言われていて原因ははっきりしていませんが、生活習慣とは関係ありません。子どもの発症者が多いので、小児糖尿病とも呼ばれています。

 

血糖コントロール

1型糖尿病の患者は、血糖コントロールするためのインスリン投与が欠かせません。運動や食事によって血糖値が変化しやすいので、低血糖と高血糖のどちらにも注意が必要なのが1型の特徴です。

 

子どもの場合は成長のためにエネルギーが必要なので、食事制限よりも血糖値をコントロールすることが大切です。うまくコントロールできれば通常の生活を送ることができます。

 

子どもの2型糖尿病

子どもや若年層に多い糖尿病は1型ですが、最近は生活環境が変化したことにより子どもにも2型の糖尿病が増加してきました。

 

2型糖尿病だとしても、子どもの場合は成長のためのエネルギーは必要なので、成長に見合った食事量が必要です。

 

しかし肥満であったり、すでに成長が止まった場合には、大人と同じように食事制限が必要になります。

 

家族のサポート

1型でも2型でも、子どもの患者は大人の患者以上に家族の支えが重要です。規則正しい食事の管理と体調管理は、家族のサポートが不可欠なのです。

 

親が正しい情報を得て、医師と連携し、子どもの健康を維持していきましょう。

高齢者の糖尿病

加齢によってインスリン分泌や効き方が低下するため、高齢になると糖尿病にかかりやすくなります。高齢者は他の持病があったり合併症になる可能性高いので、糖尿病だけでなく数種類の病気を抱えているケースが多いようです。

 

合併症の危険

高齢になると動脈硬化も起こりやすいので、血糖を適切にコントロールしないと脳梗塞などの合併症を引き起こす危険があります。

 

基本的には、高齢であっても糖尿病患者には食事療法と運動療法が必要ですが、身体機能の低下を配慮して行うことが大切です。

 

食事療法

食事に対する問題点として、長年の食事の嗜好が定着していて簡単には変えられないので薄味の糖尿病食に馴染めない、という点があります。男性の一人暮らしの場合には、糖尿病食を作ること自体が難しいでしょう。

 

問題点

家族と一緒に暮らしていない高齢者や、昼間は1人になってしまう高齢者には、近くにいて食事に配慮したり注意したりする人がいないことも問題のひとつです。食事療法で用いる食品交換表を使いこなすのが難しいために、自己流の食事になってしまう可能性も否定できません。

 

各種サービスの利用

「食べものを残すのは悪」という思いが強く、残さず食べてしまう習慣も糖尿病を悪化させることになります。ヘルパーの派遣や訪問看護サービスなどを利用して、症状を悪化させない工夫をしましょう。

 

運動療法

運動療法も体力の低下や持病によって、方法を間違うと体調を悪化させたり、関節炎や骨折を引き起こすことがあります。かかりつけの医師と相談の上、どんな運動をどの程度行うかをか決めましょう。

 

休むべき時

また、体調や天気の悪いときには無理して運動をせずに、休むようにすることも大切です。